体温を高める食べ物をしっかり食べよう

体を温めることによって免疫力を向上させることができるようになるという話しを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?この体温と免疫力というのは深い関わりを持っています。どうして免疫力は体温が上がると向上するのか?人間の体の中に存在している免疫細胞というのは、白血球が代表的です。この白血球というのは血液と一緒に流れており、体中を巡っています。

 

そして、体の中に異物を発見したら攻撃をして排除をし、病気などから体を守っているのです。ですが、体温が下がってしまうと、血管が収縮されてしまって、血液の循環が悪くなってしまいます。これによって異物が体の中に入り込んだとしても、白血球が発見をするのが遅れてしまったり、白血球が集まるのに時間がかかってしまって病気になりやすくなってしまいます。

 

免疫力を高めるためには36.5度くらいの体温が必要だとされていますが、最近の人は体温が低くなってしまっている人がとても多くなってしまっています。1度体温が下がってしまうと、免疫力はなんと3割ほども下がってしまうといわれています。反対に体温が1度上昇したら免疫力が一時的に5倍程度まで高くなるとされていますですので、病気になりにくい体にしたいのであれば、体温を上昇させるようにしていく必要があるということです。

 

その体温を高めるための方法としてどのような方法があるのでしょうか?体質によって低体温になってしまっているのだと考えている人もいるかもしれません。ですが、体質ではなく、普段の生活習慣が低体温の原因になってしまっているという人がとても多いです。ですから、体温を高めたいと考えているのであれば、まず生活習慣を改善させることから始めるようにしましょう。

 

初めに食生活を見直すことから始めましょう。食べ物というのは、体を冷やしてしまうものと反対に暖めるものがあります。低体温になっているのであれば、体を冷やしてしまう食べ物ではなく、温める食べ物を優先的に食べるようにしましょう。まず体を温める働きを持っている食べ物として次のようなものがあります。

 

・果物
果物では、ざくろや桃、栗などがあります。
・野菜
野菜では、たまねぎやごぼう、にら、唐辛子、長ネギ、ショウガなどが代表的です。
・魚介類
魚介類ではカツオやイワシ、アジなどのような青魚やエビなどが挙げられます。

 

反対に体を冷やしてしまう食べ物としてどのようなものがあるのでしょうか?

 

・果物
果物では、柿や梨、パイナップル、バナナなどが挙げられます。
・穀類
小麦粉やそばの実は体を冷やしてしまう穀類になっています。
・魚介類
魚介類では、しじみや牡蠣、カニなどが挙げられます。

 

このような冷たくしてしまうような食べ物は控えるようにして、体が温まるような食べ物をしっかり食べるようにしましょう。特に唐辛子やショウガというのは、体を温める成分が含まれていますので、味付けでしっかり活用するといいでしょう。