肝機能を高める効果がある牡蠣エキスとは

肝臓に効果があるといえばウコンを連想する方も多いと思いますが、実際にはあまり効果がないということがわかってきました。今まではウコンのクルクミンという成分によって肝臓に効果があるといわれていましたが実際には吸収されにくい成分だからです。

 

今ではウコンより牡蠣が肝機能を高める効果があり、栄養素も豊富に含まれているといわれています。牡蠣にはビタミンやミネラル、アミノ酸、グリコーゲンが含まれており、非常に栄養バランスもいいですが、実際にどういった効果があるのか知っておきましょう。

 

効果についてですが栄養素別に説明します。まず牡蠣エキスに含まれるタウリンはアミノ酸の一つであり、肝臓の代謝機能改善、血圧正常化、体力や気力の回復に効果があります。

 

グリコーゲンは筋肉や肝臓に蓄積され、運動する方にとっては非常に大事な栄養素です。肝臓の働きをサポートしつつホルモンバランスを整えてくれる効果があります。そして、亜鉛はインスリンの分泌やホルモン代謝、生殖器や脳機能の活性化に効果があります。

 

これだけである程度理解できたとは思いますが、肝機能以外の器官にも非常に効果があります。これらは牡蠣を食べるだけで期待できますが、さすがに、牡蠣を毎日のように食べ続けるということは出来ないと思いますので、そういった際にサプリメントがオススメです。

 

サプリメントで牡蠣エキスを摂取して健康的な身体にすることをオススメします。また、飲み続けることで維持できるということも覚えておきましょう。こちらも合わせてどうぞ>>>牡蠣サプリランキング完全版