退去時の掃除

引越しをするときに、それまで借りていた部屋を掃除して引き渡すのは当然のことです。できるだけきれいにして返還することで、敷金の返還率が違ったり、修復代を改めて払う金額が少なく済む場合もあります。汚いままで出ていくよりは、少しでもきれいにして退去したいものです。

 

見落としがちなことですが、賃貸契約書などには退出に際して部屋は原状復帰にて明け渡すことと記されています。部屋は使っていれば汚れていくものですから、多少の生活汚れはついて当然です。あまり神経質になりすぎて、怯える必要はありません。

 

では、実際どのくらい掃除をして返還すればよいものでしょうか。部屋を退去する際には立会いが入りますが、そこで重点的にチェックをされるのがキッチンや浴室、トイレ、壁、床などです。

 

キッチンやシンクの汚れは、きれいにしたつもりでも意外な汚れがついてしまいます。油汚れなどを落としたつもりでも、キッチンの壁には水ジミというものがついている可能性があります。見つけられると修復費を請求されやすいので、こまめに拭くようにしたり、立会日にも念のため水拭きをしておくとよいでしょう。

 

お風呂場は、カビ取り材や排水溝のつまりをとる薬品を買ってきて掃除をしておくとよいでしょう。ただ、マンションなどの場合、排水口のつまりは上階に行けばいくほど当たり前に存在しがちです。

 

元から流れがよくなかったと訴えることで、修復費を引かれずに済む場合もあります。トイレは、便器の内側の黄ばみや黒ずみを漂白剤で落としておきましょう。引越し前日にでも行っておけば、当日トイレを使ってもあまり汚れがつかない状態で返還することができます。

 

あとは、掃除機をかけて壁やクロスの傷を簡単に補修しておけば、ずいぶん違うものです。ヤニなどの汚れは、洗剤で落とすようにすれば落ちるものですよ。

 

あまりゴシゴシとこすってピカピカになるまでに掃除する必要もありませんが、雑巾がけくらいはしておきましょう。部屋はすみずみまで掃除機をかけ、壁やクロスの傷などは補修剤などで修理。効率よく掃除して、パッと見てきれいという程度でよいでしょう。