鉄分とヘム鉄

鉄分を手軽に補給するためにはヘム鉄の摂取がポイントです。ヘム鉄とは鉄分のひとつで、体内での吸収力が高い種類の鉄分です。

 

ヘム鉄は動物性の食品に多く含まれており、豚や鶏のレバーや赤身の魚、魚介類に多く含まれています。ヘム鉄は鉄ポルフィリン複合体という物質に包まれているように構造ができているので、体内に入った際に、非ヘム鉄のように胃や腸を傷つけたりすることがなく、他の食物の影響を受けて吸収されにくくなることがありません。

 

そのため、鉄を補給する目的で作られているサプリメントは「ヘム鉄」という表記が多くなっています。もちろんヘム鉄を使っていることのアピールでもあり、そして吸収力が高い鉄サプリメントだということを意味しています。

 

貧血対策に鉄は欠かせませんが、鉄分は赤血球中のヘモグロビンを作るために必要となります。このヘモグロビンが酸素を脳に運搬することができなくなると、めまいや動悸といった貧血の症状がおこるようになります。

 

鉄分は体内に備蓄されている分がありますから、ちょっと不足したくらいでは日常生活に支障が出るようなことは無いのですが、不足した状態が続いてしまうと貧血症状が頻繁に起こるようになります。鉄分の摂取と消費のバランスを考え、やや多いくらいの生活を続けることが大切です。

 

鉄が不足すると、疲れやすくなったり、原因のハッキリしない体の不調が増えるようになりますから、もしも疲れを感じることが増えたなら、鉄分不足を疑ってヘム鉄を摂取するようにしましょう。

 

参考に:http://xn--vck8cb6a2cz854g.net/