睡眠不足になってしまうと抜け毛になりやすくなる原因

いろいろな要因によって日中に毛髪は傷ついてしまいます。例えば、紫外線や湿度、温度、大気中を漂っているホコリやチリなどが毛髪にダメージを与えてしまっているのです。そして、寝ている時にこのダメージを修復しているのです、つまり、毛髪にとってそれだけすいみんというのは必要不可欠になっています。

 

人間の体というのは、毛髪のみではなく、寝ている時に疲れを解消していたり、ダメージを修復しています。しかし、睡眠不足の状態になってしまっているとエネルギーの代謝が正常に行われなくなってしまい、ダメージを回復させることができなくなってしまうのです。

 

エネルギー不足の状態になってしまっていると、優先順位が高い内臓などに栄養が供給されるようになり、毛髪にはあまり栄養が送られなくなってしまいます。毛髪にしっかり栄養を送ることができないのであれば、当然毛母細胞による細胞分裂も活発に行うことができません。

 

そのため、十分に毛髪を育てることができなくなってしまい、抜け毛が増えてしまい、薄毛に発展してしまいやすくなるのです。毛髪をしっかり太く抜けにくくしていきたいのであれば、しっかり成長ホルモンが分泌されるようになる必要があります。

 

この成長ホルモンというのは、三大栄養素である脂質やタンパク質、炭水化物などの働きを高めてくれるホルモンになっています。アミノ酸を効率よく摂取してくれるようになり、体の中でタンパク質が合成されやすくなります。人間の毛髪の9割前後はタンパク質によって構成されています。成長ホルモンで活発にタンパク質が作られるようになれば、それだけ育毛しやすくすることが出来ると考えることができます。

 

ですので、薄毛に悩んでいたり、今から抜け毛対策をしたいと考えているのであれば、しっかり成長ホルモンが分泌されるための環境づくりをしていかなくてはなりません。成長ホルモンというのは、しっかり副交感神経が働いていればしっかり分泌されるようになります。この副交感神経が一番強く働いているのは22時から2時までの間となっています。ですので、時間帯というのは育毛されやすい時間帯と言えます。